キャリアブロックを回避して配信

まずキャリアブロックの仕組みを知ろう!

自社商品やサービスのユーザーにメールマガジン等を配信する際、ユーザーからメールマガジンが配信されないという問い合わせを受けた方もいるのではないでしょうか。様々な要因が考えられますが、キャリアブロックされているという要因が考えられます。キャリアブロックとは、一斉送信したメールのアドレスの中にエラーアドレスが多いIPアドレスからのメールを自動的にブロックする仕組みです。

このエラーアドレスというのは、現在使用されていないメールアドレスや、何らかの理由で迷惑メール設定等がされていて、メールマガジン配信が出来なかったアドレスの事をいいます。つまり、メールマガジン配信をストップしたアドレスや会員を退会したアドレスをそのままにしておくと、エラーアドレスへの配信が多くなりキャリアブロックされてしまう可能性が高くなるという事です。

ではどのように回避すれば良いのか?

キャリアブロックを回避するために人間が出来る事は、メール配信システムの配信結果の解析を行い、エラーアドレスを削除していくという事です。現在、メール配信システムの多くには、メールが配信され開封されたかどうかを測定する機能が付いています。その結果を見て、連続で開封されなかったアドレス等を人の目で確認し、配信リストから削除していきエラーアドレスを極力少なくしていきましょう。

また、最新型の高機能なメール配信システムには、そうした解析を自動で行ってくれる機能が付いているシステムもあります。そうしたシステムを利用すれば削除するかの判断にかかる時間が短縮が可能で、キャリアブロックを素早く回避出来ます。いずれにせよ、メール配信リストはこまめにチェックするようにする事が大切です。