メールごとに違う!セキュリティ対策

メール配信におけるセキュリティの重要性

メール配信はマーケティング効果を期待できる優秀な方法です。メールを送信する相手を限定したり、メールの開封率などをチェックしたりできるので利便性が高いです。さらに他のマーケティング方法と比較しても、コストが安いため多くの企業が取り組んでいます。そういった状況の中で顧客の個人情報の漏洩や詐欺メールなどのトラブルも数多く報告されています。これらのトラブルは、メール配信における様々なセキュリティ対策が十分でない場合に発生します。特に情報漏洩は企業のイメージダウンに直結し、顧客の信頼も一度に失うリスクを持っています。企業に責任がないとしても、なりすましメールに名前を利用された場合には企業のブランドイメージに傷がつくことも考えられます。

セキュリテイ対策は万全に!

セキュリテイを万全にするためには、顧客へのトラブルやリスクがないように対策を行うことと、企業内での運用リスクの対策を行うことの2つがポイントになります。この2つのポイントのどちらかだけを重点的に行っていては十分な対策にはなりません。顧客に対してのセキュリテイ対策と、社内に対してのセキュリティ対策をバランスよく進めていくことが必要になります。具体的には、顧客に対してのセキュリテイ対策として、なりすましメールに利用されないように自社からのメールであるという証明をするメール認証を行います。社内に対してのセキュリティ対策としては、メール配信システムへのログインを制限することで情報漏洩を防ぐことができます。また配信担当者によって業務の役割や権限を明確に分けることも有効な方法です。